指回し運動

指回し運動は、空間認知と姿勢制御の運動を特徴とする簡単な健康増進法として、著者が考案した方法です。1992年に著者の著書によって一般に紹介されました。指回しが生体に与える影響は、運動系、自律系、情動系、感覚系、認知・言語系、代謝系と多岐にわたります。指回しは、運動系では柔軟性や筋力に影響を与え、自律系では皮膚血流や瞳孔の光反射に影響を与え、情動系では主観的な活力を高める効果があります。また、脳波に影響を与え、認知・言語系では迷路脱出速度、計算速度、読解速度、桁記憶、桁認識速度などを向上させ、代謝系では体重の変化が見られました。また、指を回転させると交番磁界に対する感度が高まることがわかりました。このように指の回転によってさまざまな効果が得られるのは、指は知的機能のベースであり、空間認識を支える視覚と連動しながら姿勢制御系と密接に関係し、さらに食べる動作を通じて内臓のさまざまな機能と連動しているからです。以上のことから、指回し運動を用いた健康増進法は、心身を総合的に改善するために有用であると考えられます。特に、高齢者の健康寿命を促進する手法として有意義である。