岡村隆史が打ち明けた22年間のプレッシャー

岡村は、めちゃイケメンバーを前にスピーチをする場面で、「最終回なので言いますけども、フジテレビに『めちゃイケ』で向かう時、レインボーブリッジを渡る時なんですけど、ワクワクするというような気持ちでレインボーブリッジを渡ったことは1度もありません。しんどかったり、苦しかったり、痛かったり、悲しかったり、他の番組と違ってキュッと心が苦しくなるようなそんな気持ちで22年渡ってきました。みなさん(めちゃイケメンバー)も、悔しい気持ちや我慢があったと思いますが、岡村隆史という神輿をみんなで担いでいただいて、本当にありがとうございました」とコメント。最初はメンバーが信じられず、番組を1人でやっているような気持ちで、周りに目を向けられなかったとも語った。