あなたの孤独感はソーシャルメディアのせいかもしれない

孤独感を感じている人は、少なくとも、ソーシャルメディア利用を増やすのではなく、減らしましょう。


ソーシャルメディアに1日2時間以上を費やすヤングアダルトは、1日30分以下の同じ層に比べ、社会的な孤立を感じている人が多いことがわかりました。ネット上で人と交流した後に調査対象者たちが感じているのは、幸福感ではなく、その逆の、取り残されたさみしさだったのです。