科学が実証:定期的に読書する人は寿命が2年長い

定期的に読書する人たちは、アルツハイマーになる確率が2.5倍も低いことがわかっています。


加齢により記憶力や脳の総合的な機能が低下しますが、読書はその衰えのプロセスを緩やかにして、頭を明晰に保つのに役立ちます。


読書は脳に効果的な運動効果があるという『Neurology』誌に発表された研究とも一致しています。